HOME
本会について
入会案内・問い合わせ
求人・研修会掲載依頼
エッセイ・コラム
会員専用ページ
本会について
静岡県臨床心理士会とは

日本臨床心理士資格認定協会の行う臨床心理士資格試験に合格した人で、静岡県在住あるいは静岡県内に職場のある臨床心理士で構成されています。会員相互の交流と情報交換を行い、臨床心理士として資質向上のための研鑽の機会を設けることを目的としています。
会長あいさつ
平岡篤武(常葉大学教育学部心理教育学科教授)


 このたびの幹事選挙で会長に就任することになりました。どうか宜しくお願い致します。会長就任あたりまして、総会・大会で述べたことの繰り返しになりますが、抱負を述べさせていただきます。私が3期6年に及ぶ土屋前会長から引き継いだことは、次のようなことに総括できます。
 多様な役割を求められるようになった臨床心理士への社会的ニーズを踏まえ、活動を整理し、当会が会員を継続的に支援するための体制整備に尽力されました。このことは、「会員のための県士会活動(CCP静岡No.60,会長巻頭言)」や、「会員が自らの会として、幹事任せにせず、会員皆が参加する会とする(第25回総会・第32回大会での会長メッセージ)」などに端的に表現されていて、皆様も御承知のことと思います。具体的には、東部・中部・西部の各ブロック単位の活動を促進することを基盤とし、各委員会に協力員を置くこと、大会での分科会の企画、基礎研修、各ブロックでの研修活動等に繋がり、それまでよりも幅広い会員の協力、参加が得られるようになりました。また、業務が拡大したり、福島関連の委託業務を受けたりすることにより、事務局業務も繁忙化したことを受け、事務局の常設化を図りました。
 これらを引き継いだ私としては、職能団体としての強みを地域社会に示していくことが改めて求められている点を意識していく必要があると考え、具体的な取り組み課題を以下に3点挙げます。
まず、幅広いニーズへの対応です。現在までに、委託事業(福島県県外避難者の心のケア事業、福島県県外避難者への生活再建支援拠点設置・運営事業)をはじめ、子奪取、いじめ防止、加害者支援、メンタルヘルス、自殺対策、貧困対策等への委員、相談業務等の様々な依頼が当会に来ます。これらに対応していくためには、要となる事務局機能の向上や、現在12までに増えた委員会がより自立的に、迅速に活動できるよう再編することが必要な状況と考えます。そのためには、500人を超える会員相互の連携が益々求められます。これまで以上に、会員の皆様が当会の運営に直接参加していただけるような取り組みを考えていきますので、是非とも、御理解、御協力を賜りたいところです。次に、職能団体としての、今後の会のあり方です。公認心理師法案の成立を受けた昨年の総会では、「公認心理師を含む団体として会則を変更する(入会資格に公認心理師を含める)」という方針が承認されました。国家資格を有する者も含む職能団体として当会が更に発展していくためには、現状の単なる任意団体ではなく、法人格を有する団体への転換を視野に入れた検討を行っていく必要があると考えています。更に、公認心理師資格取得のための試験に向けた会員への支援として、研修会等について関連資格者団体と連携を図りつつ、検討していきたいと考えています。最後に専門職としてのアイデンティティに繋がる職業倫理の順守です。倫理という言葉からは、何か堅苦しい決まりのような、足枷のようなものをイメージすることがあるかもしれません。しかし、倫理とは、法律を包含する概念であり、我々対人援助職というアイデンティティを内面から支えるものでもあります。それは、「支援者としての自分は、被支援者を己の為に利用していないか。」と、常に自らに問うことを要請するものです。公認心理師という国家資格が認められることとなり、心理職に従事する者がこれまで以上に職業倫理を自覚、順守し、社会的要請にしっかりと応えることが求められています。研修をはじめとして、倫理に関する認識が高まり、社会からの信頼を堅持していくための取り組みも進めていきたいと考えています。
 我々の業務を取り巻く情勢が大きく変化する時代を迎え、皆様の積極的な当会運営への御参加を心より期待しておりますので、どうかよろしくお願いします。
静岡県臨床心理士会のあゆみ
組織図
臨床心理士とは

現代は、こころの問題が増加し、その解決をはかるためになんらかの援助を必要とすることが多くなってきています。臨床心理士は、心の問題にかかわる「こころの専門家」です。
臨床心理士の資格は、心理学を専攻する大学院修士課程修了後1年以上の心理臨床経験を有する者が、資格審査(年1回の筆記・口述試験)に合格した場合に、財団法人日本臨床心理士資格認定協会が認定するものです。また、資格は5年ごとの審査がおこなわれ、心理臨床能力の維持・発展のために、研修や研究が義務づけられています。資格認定が開始された1988年(昭和63年)から、現在までに、全国で約8,000人の臨床心理士が誕生(平成13年3月末現在)しております。また、全国47都道府県ごとに臨床心理士会が結成され、地域に根ざした活発な活動がおこなわれています。